行動指針

「夢を持て」

仕事に対する情熱は、高い目的意識の中からのみ生まれる。

我が社では現在の実力に関係なく、どれだけ本気で腹を括って成長したいか、という心意気を重視する。

このような心意気を持った人間は、必然的に実力も超一流となってゆく。

情熱の無い人財は、我が社には必要ない。学歴、性別、年齢などは一切考慮しない。

「お客様の立場になれ」

我が社には単なる不動産屋は必要ない。

必要とされている人財は「収益物件に詳しいビジネスのプロフェッショナル」である。

収益不動産の売買で利益を上げることのみが我が社の事業目的ではない。

我々が手掛けた不動産に関わった全てのクライアントが如何に利益を生み出すことができるかを最優先に考え、予測し、行動すべきである。

「スピードはクオリティである」

ビジネスシーンに於いて、スピードとクオリティにトレードオフの関係は存在しない。

一人でじっくり時間を掛けて出したアウトプットよりも、スピーディーに作業し、結果をクライアントにぶつけ、密に連絡を取り更に内容を揉んだ結果のアウトプットの方がクオリティは断然高い。

期限のない仕事は誰にでも可能である。

連絡を待つクライアントへスピーディーにレスポンスする事はプロフェッショナルの条件である。

「人間力を磨け」

周囲の人間すべてに感謝を伝えよ。

自分一人で出来ることは有限であり、結果がついてきた時は周りのサポートがあってのもの。

感謝の気持ちを心から持つことこそが、真の仲間を増やす近道である。

感情は豊かに表現せよ。感情を表現しない人間には必然的に人が寄り付かない。

喜怒哀楽を十分に表現し、人間味溢れるコミュニケーション能力を手に入れろ。

人間力は最も優秀重要なスキルであり、才能である。

サブコンテンツ

Pagetop