不動産のリノベーション事業

スクラップ&ビルドの時代に終わりを告げる

戦後、高度経済成長の時代を迎え、日本の最重要課題はまず住宅を確保することでした。

しかし資材や職人の不足、そして国民の資金が不足していた当時、「質より量」を優先する政策を政府が主導。

結果、住宅の大量供給時代が到来しました。と同時に、使い捨て文化の始まりでもありました。

結果、今日の日本の住宅は平均築26年で壊され、スクラップ&ビルドが行われる文化が定着。

このフローに偏った短サイクル・高価格住宅は、やがて土地を極度に商品化し、まだまだ使える建物まで取り壊し新築され、

年収の6~10倍もの住宅ローンを背負うこととなりました。

一方、欧米では丁寧に修繕を重ねながら大切に住み続ける文化があります。

住宅サイクル年数は、英国「141年」米国「103年」フランス「86年」ドイツ「79年」が平均値です。

最近では日本でも「長期優良住宅(200年住宅)」という言葉を耳にします。国が推奨する条件を満たした家を建てれば、住宅ローン金利や税制面で優遇措置が受けられる税制です。しかしこれも、結局のところより高価な新築住宅の建築を促進する一面があります。

しかも200年住宅といっても決して「200年もの間、手をかけなくてもいい家」という訳ではありません。

200年もつのはせいぜい骨組みだけで、その他の部分はメンテナンスを繰り返す必要があります。

アールアートではこの現状を異常と捉え、「グローバルスタンダードなフルリノベーション」をご提案します。

経年により劣化したり旧態依然とした住宅を、安直な発想で建替えせず、現代の生活スタイルに合わせ、匠の手で華麗に蘇らせる。

時代を超えて受け継がれるもの、それこそがアールアートが提案するリアルエステートです。

リノベーションのプロセス

1.建物・内装状態診断

構造体、内装の状態を入念に診断します。

2.問題点の洗い出し

現状診断をもとに、手を入れる必要のある部分を徹底的に洗い出します。

3.設計・見積り

洗い出した問題点をもとに、ニーズ・予算・市場価値等を考慮した上で最適な再生プランをお客様とご相談し、決定します。

4.施工

工事請負契約後、速やかにリノベーション工事に着手します。工期はワンルームで約3週間、3LDKで約6週間です。

5.お引き渡し

弊社リノベーションマネージャーによる入念なチェックを経た後、お引渡しいたします。

リノベーションのご相談・ご依頼

お問い合わせ下さい

 

サブコンテンツ

Pagetop